So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ツールドジャパン第3戦ひたちなか [自転車]

久しぶりのブログ更新です。
今年はいろいろと厄介なことや仕事が重なって3月以降全く練習に身が入らない状態です。川越では落車によるDNFでした。”ツールドジャパン第3戦ひたちなか”は年初めに出走を決めたレース。アクルのチームメンバーも自分を含めて5人が参加した。個人的には満足な練習がほとんどできていない状態での参加は気が重かった。
到着後メンバーと一緒にまずは試走。コースが広く高速道路の様である。目印がないので、はじめは距離感がまったく掴めず。取りあえずスプリントの目印を確認し試走を終了。出走前にチーム広報担当のNantaroから情報収集。情報によるとイン側は危険そうな感じなので、アウト側にポジションをとることにする。
クラスはE1。アップを終えてスタートに並ぶ。そしてスタート。クリートがはまらず集団最後に、、、。後ろから追い上げてくる選手に運んでもらい徐々に順位を上げて10番手位に付け様子をうかがう。動きが怪しい選手、安定してしている選手をチェックしながら集団内で走る。巡航は40〜45km位だが、バックのストレートが向かい風で極端に速度が低下するので、2周目以降は注意しながら走行。そして3周目。速度が上がらず「何か中だるみ?」と思った瞬間左斜めの選手が大声とともに落車。私の後ろ選手の前輪が右ふくらはぎにぶつかってきた。痛かったが落車はまぬがれた。後方から何台か落車に巻き込まれいる音がした。思わず周りの選手と顔を見合わせたが、やな気分だ。前を見ると先頭集団にひき離されている。気分を変えてスピードを上げてなんとか追いつく。「落車だけは何とか避けたい」そんな思いから、思い切って前に上がることにした。先頭の5人位の選手は流石に安定してる。先頭はあまり長くは引けないが積極的に前に、前に。「落車のリスクはグッと減るが、やはり最後のスプリントは後ろで脚を貯めている選手にはかなわない」でも先頭交代で回していると清々しい。交代するとすぐ後ろの選手から「おつかれです!」の一言。「まぁ今日はこれで良いか!」と妙に納得。
案の定最終周回の第四コーナーを回ると後方の選手がどっと押し寄せてきた。ケツを上げて目一杯漕ぐが、もう限界。
結果的にはなんにも残りませんでしたが、充実した楽しいレースでした。

国交断絶 [自転車]

4月5日は伊豆CSCで行われたチャレンジサイクルロードレース大会に出場してきました。肉体的も精神的にも低迷。成績はまったくダメでした。
前日の4日には別の企画。日本屈指の本格的なコースを上さんと娘にも味わって頂くことにしました。休憩を入れつつなんとか5周回。その後は出走拒否。仕方ないので一人で2周。戻ってきて感想を聞くと。。。。
自転車の国とは国交断絶」
「鎖国」とのこと。
「日本屈指の本格的なコースを走って自転車をご理解頂く」企画は失敗。どころでなくてまったくの逆効果。。。。
この国と唯一国交のある父親の出島はまだ当分の間続くことでしょう。

"I have a dream" [雑感]

あなたはどんな夢を持っていますか?
次の目標としたレースで優勝する。長距離を走りきる。去年の自分を追い越す、、、、、。些細な夢ではありますが、こんな感じで走ってました。

ところが昨年末から自転車人生に本物の夢らしきものが見えてきてしまいました。今までやっていたことが霞んでしまいそうです。おかげさまで、走る時間がどんどん少なくなってきてしまっていますが、希望を持って仲間と一緒に夢に向かってどんどん進めるような気がしてます。

あー自転車乗っててよかった!五年後が楽しみです。

前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。